施術の流れ

〜施術の流れ〜

 

1.バランスが必要な事は何かを見つけ出します

施術士はクライアントさんの体に質問をすることで、何をバランスする必要があるのかを見つけ出します。

クライアントさんには横になってもらい、施術士はクライアントさんの手を取ります。そしてクライアントさんの体に質問をしながら手を持ち上げます。

手を持ち上げるときの重さで、はい/いいえの答えを施術士は確認します。

このプロセスを繰り返し、この後のテクニックでバランスをとるべき内容を明らかにします。

このプロセスでは、クライアントさん自身が自覚していないような抑圧していた感情や忘れていた過去の記憶、内臓同士のコミュニケーションなど、人間の思考の範疇を越えた、あなたの表面化している問題の本当の原因、本質を探し当てます。

 

  • お子さんや妊婦さん、横になれない方の場合は抱っこや座ったまま行えます。
  • 着替える必要はありません。
  • 知られたくない事や言いたくない事を無理に伝える必要はありません。
  • 全て言葉にしなくても、全てを施術者が知らなくても、施術はできます。
  • 神経-筋バイオフィードバックは筋力テストではないので、病気の診断や薬の処方、サプリメントの適正などを判断するツールとしては使用しません。

2.バランスが必要な内容に対して施術を行います

バランスが必要な内容が特定されたら、施術士はそれらのバランスをとり、あなたの中のネットワークを修復するための施術を行います。

なぜ修復しバランスをとる必要があるのか、今どのような状態なのか、施術士なりの見解の説明を交えながら施術を行います。

施術は至って簡単です。

頭(脳)、胸部(心臓)、おへそ(腸脳)をトントンを優しくタップするだけです。

この時、施術士がバランスを取るべき内容に対して、意識を向けることによりクライアントさんに変化を生じさせる事ができます。

  • 施術は至ってシンプル!頭、胸部、おへそをタップするだけ!
  • グイグイ押したり、強い力を与えたりしないので、赤ちゃん(お腹の中の赤ちゃんにも)からお年寄りまで安心、安全に受けていただけます。
  • 施術の内容やその他、わからない事があれば施術中であっても、いつでもご質問ください。

3.バランスが完了したかを確認します

特定された内容に対する施術が終了したら、施術によって、クライアントさんの中のネットワークの修復やバランスが行われたのかを確認します。

再び神経-筋バイオフィードバックを用いて、クライアントさんの体に質問をすることで必要なバランスが取られた事を確認します。

もしバランスがとれていなければ、それに対する施術を追加します。

1度の施術でバランスをとるべき内容が複数出現することもあります。
その時は、再度”1.バランスが必要な事を見つける”過程を行い、それに対して施術を行います。
そしてその日の施術でバランスをとるべき内容がなくなれば、その日の施術は終了となります。

施術終了後は施術士がクライアントさんの体に対して、次回の施術はいつ頃が目安かを尋ねて、クライアントさんにお伝えします。

  • 施術後はバランスがとられたのかをクライアントさんの体に確認します。
  • その日バランスすべき事は複数の事もあります。
  • その日の施術が終了したら、次回の施術の目安について確認します。